AX
So-net無料ブログ作成

冬肌ダメージを軽減しよう~ [お肌のお手入れ]

人気ブログランキングへオモロかったら、クリックしてね♪

 

寒い日が続きますね

カオリンは寒いのが本当に苦手です…[たらーっ(汗)]

朝起きるのは比較的できるんだけど、

着替えができない(´⌒`。)


いつものろのろで仕事に遅れちゃいそうなんですw

じつは、今の寒さは行動がのろくなるだけじゃなくて笑、

肌がかなりダメージを受ける季節でもあるんですよね。


脱毛をやっているアナタはしてない人よりも、
もっと気をつかってあげる必要がありますヨ[わーい(嬉しい顔)]

この記事は、春に向かって風が吹く日も多く、ダメージは倍増です(>ω<、)

それに、『乾燥注意報』が連続して発令されるほど、
湿度の低い日が非常に多いですよね。



湿度が低いと、当然、肌は乾燥しやすくなります。

これはよく耳にしますので、ご存じの方も多いと思います。


ですから、『乾燥注意報』と聞くだけで、

肌の乾燥ダメージは、想像ができます。


しかーし!それだけでは終わりません[パンチ]


そんな乾燥した状態で、風を受けると、

風の影響で水分が失われ、肌はさらに乾燥してしまいます。



さらにさらに!


そこに冷たい風がやってくると・・・

乾燥した顔に冷風を受けることで、血行が悪くなります。


すると、血液によって与えられていた、

必要な水分や栄養素を、肌は受け取ることができません。


そのため、肌のターンオーバーも乱れてしまいます。

そうなると、肌は受けた乾燥ダメージを回復することができないのです[ふらふら]


湿度が低いことでただでさえ乾燥しやすいこの時期、

冷気を受けることで血行は悪くなり[バッド(下向き矢印)]

結果的に、さらに乾燥ダメージを【倍増】させてしまうのです。


暖房のよくきいた屋内は、湿度が低く、空気が乾燥している。

屋外は、湿度がさほど低くなくても、冷たい風がある。


建物の中にいても外にいても、肌はダメージを受けています。

このどちらも行き来している場合は、

「常に、ダメージを受け続けている」し、

さらに、「ダメージが回復しにくい」状態なのです。



なので、この時期は、

いつも以上にきちんと保湿をするのはもちろんのこと、

さらに

「ダメージを受けないようにする」ということも必要なのです。

冬ならではのダメージを軽減するには?

[晴れ] 湿度を上げる工夫をしよう[晴れ]
肌にとって快適な湿度は、50~70%です。
最近は、室内湿度の平均は、なんと、20%以下だと言われています。
ちなみに、『湿度30%以下』になると・・・

 ● お肌が乾燥するため、肌荒れが起こりやすくなる

 ● のどや気管支の粘膜が乾燥し、風邪などのウイルスが体内に入りやすくなる

 ● 静電気が起きやすくなる

 ● ドライアイの原因となる

このような症状につながっていきます。


  だいたい、湿度60%前後が、
体で感じる状態と、肌状態のバランスがよい、ベストな湿度と言えます。

加湿器やぬれタオル、観葉植物を多めに置くなど、

肌に良い空間づくりも、行ってみましょうね^^



[晴れ] 紫外線対策のように、防寒具でカバーをしてみよう![晴れ]

マフラーやストールで、首から顔までを守り、

マスクで鼻や口元を覆い、

サングラスやメガネで目元周辺を守る。


こうするだけで、肌に直接、風を受けることを防げます。

子供だましのようですが、

ようは、風を受けなきゃいいわけです。

風の強い日は特に気をつけて、続けてみてくださいね。


ちょこっとだけ日が伸びてきたかな??と

16時ごろ窓から入る西日を見て感じるカオリンでした。[ぴかぴか(新しい)]

 

人気ブログランキングへオモロかったら、クリックしてね♪

 

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 2

ひげ脱毛

美容系ってエステ迷いまうよね。

by ひげ脱毛 (2012-10-28 23:13) 

永久脱毛エステ

肌ケアって意外に難しいですよね。
分かります。
by 永久脱毛エステ (2012-10-28 23:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。